に投稿 コメントを残す

今日のお薦め


チューリップは季節限定商品
この季節にピッタリかわいいです!
卒業、ひな祭りなどにどうぞ、残りわずかです!

チューリップは季節限定商品
この季節にピッタリかわいいです!
卒業、ひな祭りなどにどうぞ、残りわずかです!

に投稿 コメントを残す

講習会案内

無料講座 タティングレース編み初心者の方募集中

タティングレース編みでしおりを作ってみよう

日時  2019年01月07日(月)~ 10時から15時

         01月31日までご希望日をお知らせ下さい。(平日のみ)

会費  実費(100円~700円)と教室使用料500円

    講習料はありません

超初心者向けにタティングレースのいろはからゆっくりどなたでも出来るように

おしえます。http://yonezawanet.jp/hana-kanade/#ACT2654

に投稿 コメントを残す

仏花にプリザーブドフラワーが選ばれる理由

古くから日本では故人を偲び悼むために、お仏壇やお墓に花を供えます。 お花を供えることは、故人の供養のみならず生人にも心の安らぎを与える尊い行為といえるでしょう。現在は時代のニーズに対応して、プリザーブドフラワーの仏花が人気となっています。

今の時代だからこそ

○今の時代だからこそ

昔と現在では、日本の家族の在り方が大きく変化しました。昔は大家族が一般的でしたが、現在は少子高齢化や核家族化が進んでいます。

夫婦共働きで忙しい日々を送るご家庭、ご年配の方のみで暮らしているご家庭もあることでしょう。

生花は手入れや水の交換など、長持ちさせるために多くの手間を必要とします。そのため、忙しくて仏花にまで手が回らない、仏花を飾るのが大変だと感じる方も少なくありません。

プリザーブドフラワーの仏花は水やりなどのお手入れをしなくても長持ちするので、負担が軽くなり手軽に飾ることができます。

○衛生面に優れている

大切なのは心

霊園や墓地によっては、生花の仏花は持ち帰りを推奨しているところがあります。
九州地方など気温が高い地域は、夏に生花を供えると1日で花が傷んでしまうからです。
また、水に虫が大量に発生してしまい、虫を介して発症する感染症の危険も懸念されています。
仏花は基本的に生花とされていますが、遠方に住んでいるため頻繁にお墓参りに行けない、
生花が長持ちしない環境などであればプリザーブドフラワーの仏花もひとつの選択肢です。

○大切なのは心

「プリザーブドフラワーのメリットが多いのは分かるけれど、プリザーブドフラワーを供えるのは抵抗がある」という方もいらっしゃると思います。

生花とプリザーブドフラワー、どちらが優れているというわけではありません。ケースバイケースに応じて、使い分ける方法があります。

例えば、花が枯れやすい夏場だけはプリザーブドフラワー、他の季節は生花を供えるのもよいでしょう。
どちらの花を供えるにしても、故人を思う気持ちが大切なのです。

に投稿 コメントを残す

和風プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーと聞くと、一般的に洋風なイメージを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?
しかし、今では花の種類も増えたことで和風プリザーブドフラワーも多くなり、人気を集めています。

こちらでは、和風プリザーブドフラワーの魅力をお伝えいたします。

◆感じる和の心

日本人にとって、花は古くから身近な存在でした。
花の一瞬の美しさをひとつの芸術として楽しむ華道、大切な方への贈り物、ときには故人を偲ぶ花と
して使われてきたのです。

和風プリザーブドフラワーは、菊や、あじさいや天文草など、日本美を彷彿させる美しい花が多く使わ
れています。

洋風の華やかで美しいプリザーブドフラワーも素敵ですが、和風プリザーブドフラワーには儚くも凛と
した美しさを持つ違った魅力があるのです。

◆洋風にも和風のインテリアにも合う

プリザーブドフラワーは長く枯れないことから、部屋や玄関のインテリアとして人気があります。

長く飾るからこそ、インテリアに合うプリザーブドフラワーを飾りたいものです。和風のプリザーブド
フラワーは、和風のインテリアに合うのはもちろん、洋風のインテリアにもぴったりで意外と思われ
るかもしれませんが、趣のある品のある美しさが室内を上品で洗練された空間に演出します。

https://hana-withheart.com/?pid=30548345

引っ越し祝いや開店祝いの贈るプレゼントに迷ったら、和風のプリザーブドフラワーはいかがでしょ
うか?洋風にも和風にも合う美しく品のある和風のプリザーブドフラワーは、きっと喜ばれるはず
です。

に投稿 コメントを残す

プリザーブドフラワーとは

☆ブリザーブドフラワーとは☆

生花でもなく造花でもなく不思議な花。
生花を特殊な液につけ加工したものに着色し、 見た目も触れた感じも生花のよう。
生花に無いような色もあります。水やりもいりません。
ちょっとお高いですが数年は変わらない美しさを保ちます。

☆プリザーブドフラワーのお取り扱いについて☆

プリザーブドフラワー(ブリザーブドフラワーと間違って呼ばれることも有ります)は生の花を薬品処理して更に柔軟化、着色したものです。感触は生花のよう
プリザーブド加工は生花の状態のように多少の水分を含んだ(乾燥・ドライと違う)ソフトな 質感のみずみずしい花です。着色した液が気候条件でにじみ出る場合があります。無害 ですが取れにくいですので衣服につかないようご注意下さい。色移りする場合もあります。
着色してありますので退色はございます。長くお楽しみいただくには多湿、乾燥しすぎ、 直射日光を避けてください。間違って水やりしないで下さい。(水遣りの必要はありません)
生花同様デリケートなお花です。無理な力を加えたり、落としたり、ちょっとした不注意で 花びらが敗れたり取れたり致します。どうぞ優しく扱ってあげてください。
保存状態により数年は美しさが保たれます。

お花の大きさを見てください

元の大きさは全部同じ大きさの花です

アレンジによって花をこのように開かせております

プリザーブドフラワーも開花技術でこんなに変身します♪

プリザーブドフラワーアレンジ