仏花にプリザーブドフラワーが選ばれる理由

古くから日本では故人を偲び悼むために、お仏壇やお墓に花を供えます。 お花を供えることは、故人の供養のみならず生人にも心の安らぎを与える尊い行為といえるでしょう。現在は時代のニーズに対応して、プリザーブドフラワーの仏花が人気となっています。

今の時代だからこそ

○今の時代だからこそ

昔と現在では、日本の家族の在り方が大きく変化しました。昔は大家族が一般的でしたが、現在は少子高齢化や核家族化が進んでいます。

夫婦共働きで忙しい日々を送るご家庭、ご年配の方のみで暮らしているご家庭もあることでしょう。

生花は手入れや水の交換など、長持ちさせるために多くの手間を必要とします。そのため、忙しくて仏花にまで手が回らない、仏花を飾るのが大変だと感じる方も少なくありません。

プリザーブドフラワーの仏花は水やりなどのお手入れをしなくても長持ちするので、負担が軽くなり手軽に飾ることができます。

○衛生面に優れている

大切なのは心

霊園や墓地によっては、生花の仏花は持ち帰りを推奨しているところがあります。
九州地方など気温が高い地域は、夏に生花を供えると1日で花が傷んでしまうからです。
また、水に虫が大量に発生してしまい、虫を介して発症する感染症の危険も懸念されています。
仏花は基本的に生花とされていますが、遠方に住んでいるため頻繁にお墓参りに行けない、
生花が長持ちしない環境などであればプリザーブドフラワーの仏花もひとつの選択肢です。

○大切なのは心

「プリザーブドフラワーのメリットが多いのは分かるけれど、プリザーブドフラワーを供えるのは抵抗がある」という方もいらっしゃると思います。

生花とプリザーブドフラワー、どちらが優れているというわけではありません。ケースバイケースに応じて、使い分ける方法があります。

例えば、花が枯れやすい夏場だけはプリザーブドフラワー、他の季節は生花を供えるのもよいでしょう。
どちらの花を供えるにしても、故人を思う気持ちが大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA